第二回カナダ・ビルディング・

イノベーション・セミナー

催のご案内@カナダ大使館の

登録ページ

世界一の水準を誇る18階建て高層ハイブリッド木造ビル「ブロック・コモンズ」構造設計担当 ポール・ファスト氏を迎えて

Seminar Outline

カナダ大使館は、BCウッド及び日本CLT協会のご協力を得て、マスティンバー、並びに大規模木造建築分野の革新的な取り組みと最新情報のご紹介を目的とする、カナダ・ビルディング・イノベーション・セミナーを開催いたします。
 
近年カナダは同分野において先駆者となりつつあり、中でも昨年完成したブリティッシュコロンビア大学(在カナダ・バンクーバー)の学生寮である【ブロック・コモンズ】は、世界中から注目を集めています。
 
本セミナーでは、【ブロック・コモンズ】の構造設計を担当した主任エンジニア、ポール・ファスト氏が15年ぶりにカナダより来日し、構造設計を中心とした課題および具体的な取り組みをご紹介するとともに、カナダの現状及び今後の技術トレンドをご説明いたします。
 
さらに、スペシャリストをお迎えし、北米でのCLT集成材を用いたホテル建築を含む大規模木造建築の実績と案件、加えて日本でのCLTの最新状況について具体的な情報をご提供いたします。
 
木材の強み、その魅力と可能性について、それぞれの技術に造詣の深い専門家と直接お話しいただける絶好の機会となりますので、是非ご参加頂きたく、ご案内申し上げます。

Paul Fast ポール・ファスト 
Fast + Epp パートナー

送信

*必須:事前登録はこちらのフォームにご記入下さい。

お問合先 : BCウッド日本事務所 大橋

電話03-6455-1571
 email:ohashi@bcwood.jp

主催: カナダ大使館  / 共催: BCウッド日本事務所 
協力:(一社)日本CLT協会

【日 時】    3月6日(火)15:30~19:00(受付開始15:00)
参加費無料 セミナー終了後にネットワーキング懇親会が御座います。
【会 場】    カナダ大使館 地下2階オスカー・ピーターソン・シアター
住所:〒107-8503 東京都港区赤坂7-3-38
最寄り駅:銀座線・半蔵門線 青山一丁目駅 徒歩5分

【地図】       http://www.canadainternational.gc.ca/japan-japon/assets/images/map_tokyo.gif

<各講演者のご紹介>

 カナダのバンクーバーに本社を置き、国内外から90件以上に及ぶ受賞歴を有するFast + Eppの創立当時からのパートナー。構造計算の分野で秀でた才能を発揮し、カナダ、アメリカ、ドイツで活躍する技術者でもあり、ブリティッシュコロンビア建築研究所の名誉会員、2010年にはイギリスの構造技術者協会のフェローに選出されています。受賞した有名な建築には、2010年バンクーバーオリンピックのスピードスケート競技場として使用された「リッチモンド・オリンピックオーバル」などがあります。

Colin Chornohus コリン・チョルノハウス 
ストラクチュラム・プロダクツ社 国際営業部長

 ストラクチュラム社は、ブロック・コモンズに集成材とCLTを供給する企業であるとともに、革新的な大規模木造建築を数多く生み出してきた北米のマスティンバーのリーダーでもあります。その中でも、ペンティクトン・レイクサイドリゾートホテルは一際脚光を浴びています。コリン氏より、なぜコンクリートではなく、CLTと集成材が注目を集めるホテルを建築する上で選ばれるのかご説明いたします。

Dan Wilkinson ダン・ウィルキンソン 
アルバータ・フォレスト・プロダクツ協会 ディレクター

アルバータ・フォレスト・プロダクツ協会は、アルバータにおけるランバー、パネルボード、パルプ、紙、付加価値製品の企業が加盟している非営利団体です。本セミナーでは、アルバータ州での大規模木造建築の実績と現在進められているプロジェクトについてお話いたします。

Yoshihei Sakabe 坂部 芳平
日本CLT協会 開発技術部 部長

一般社団法人 日本CLT協会は、日本におけるCLTの普及のための取り組みを進めている協会です。日本でのCLTは2016年より一般利用がスタートし、これまでにCLTを使用した建築物は100件を超え、製造量も年間15,000m3となり、普及に向けて着実に広がりつつあります。本セミナーでは、日本でのCLTの状況について、実例や最新情報、今後の課題などをお話いたします。

Fix the following errors:
Hide